【秋祭り】大迫力の演劇と力強い踊りが魅力!「弁慶まつり」特集

和歌山県田辺市は、武蔵坊弁慶が生誕した町と言われています。弁慶にまつわる伝説を演劇にして再現するだけではなく、弁慶をイメージした踊りなども披露されます。小さなお子さまからお年寄りまで、みんなで「弁慶まつり」を盛り上げます。

 

弁慶まつりとは?

出典:弁慶まつり

第30回目を迎える田辺市の「弁慶まつり」、2016年は9月27日・30日、10月1日の3日間開催されます。

今もなお根強い人気を誇る弁慶の勇姿を演劇で伝え、弁慶を知らない人にもゲタ踊りやよさこいといった工夫をこらした催しを通じてより身近に感じてもらおうと、地域を上げて取り組んでいます。

最終日には「弁慶まつり」の有終の美を飾る「田辺花火大会」が行われます。

約3,000発の様々な色と形の花火が、ヒュ〜という笛の音のあとに田辺湾上に大きく広がります。

祭りのメインイベントである演劇「弁慶伝説」では弁慶役・玉虫役などに扮し、弁慶にまつわる伝説と源氏と平家の合戦を占う闘鶏が見事に再現されます。

過去には江本孟紀氏・アントニオ猪木氏が弁慶役を務め話題になりましたが、現在では幅広く募集を行っています。

8月からの芝居の練習参加が必須の他、条件を満たせば演劇経験や在住地域を問わず応募が可能です。

今年は募集が終了してしまいましたが、興味のある方は来年応募してみましょう。

主役の弁慶役は、みんなの注目の的になること間違いなしです。

演劇「弁慶伝説」が行われる闘鶏神社境内やゲタ踊りが行われるアオイ通り~大通りなどの会場は観光客の歓声で賑やかになります。

参加者の熱気も祭りが進むに連れて高まります。

最終日によさこい踊りのコンテスト予選&決勝が行われます。

地元の学生も参加しますので、若さと熱気溢れる熱いよさこいが見られますよ。

秋の花火♡ #花火#弁慶祭り#花火大会

yukaさん(@y.u.k.a.123)が投稿した写真 – 2015 10月 11 7:43午前 PDT

今年最後の花火。 #花火#弁慶祭り#弁慶祭

Yuya Nakahira(ちゅうべぇ)さん(@chubeeeeee)が投稿した写真 – 2015 10月 11 11:21午後 PDT

秋の夜空に打ち上がる色とりどりの花火は、祭りの最後を締めくくるのにピッタリです。

 

開催日時・場所・スケジュール

 

■基本情報

  • 【開催日時】2016年9月27日(火)・30日(金)・10月1日(土)
  • 【開催場所】闘鶏神社・アオイ通り~大通り・扇ヶ浜海岸交流広場など
  • 【スケジュール】
    演劇「弁慶伝説」 9月30日(金)18:30~20:30頃(予定)
    弁慶ゲタ踊り 10月1日(土)15:00〜16:00
    紀州弁慶よさこい踊り 10月1日(土)10:00〜20:00
    闘鶏神社・アオイ通り特設会場など (演舞披露のみ) 10月1日(土)10:00〜15:00
    扇ヶ浜会場 10月1日(土) 予選 10:00〜15:30、決勝・受賞発表 17:30〜20:00
    大通りパレード 10月1日(土)16:30〜17:30
    田辺花火大会 10月1日(土)20:00〜20:30(予定)
  • 【ホームページ】弁慶まつり公式サイト

 

迫力のある演劇と、力強いゲタ踊り・よさこい踊りを見に田原市へ足を運んでみませんか?

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
ainiでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、秋田で農業体験やものづくり体験、街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー