【Iとaini |インタビュー】コーポレートチーム 松川さん「子育ても仕事も”すべてに夢中”が原動力」編

インタビュー記事、子育ても仕事も、”すべてに夢中”が原動力のサムネイル画像

尾浜
尾浜
今回、aini magazineでainiパートナーをご紹介する、運営の尾浜(おはま)です。

 

私たちainiの強みのひとつは働くメンバーがユニークであること!

”偏愛”を応援するプラットフォームを作っている私たちメンバーがainiで働くことを楽しんでこそ、ユーザーのみなさまにも喜んで貰えるサービスを提供できると考えています。

そんな想いからはじめた「Iとaini」インタビュー記事では、ainiパートナーへ直接インタビューし、その魅力をaini magazine読者のみなさまへご紹介するシリーズ記事です!

この記事でご紹介するaini運営メンバーの人物像をきっかけに、ainiをより深く知るきっかけになれば幸いです。

 

【インタビュー】コーポレートチーム所属の松川さん

今回ご紹介するのは「コーポレートチーム」に所属する松川さんです。

Iとaini |インタビューVol.5 コーポレートチーム 松川さん「子育ても仕事も”すべてに夢中”が原動力」編松川さん家族写真

インタビューする松川さんについての詳細

  • 名前:松川つぐみ
  • 出身:京都府
  • 現在地:千葉県
  • ainiでの担当:コーポレートチーム
  • 好きなもの:娘とお酒

尾浜
尾浜
素敵なお写真ですよね!

有難うございます!
毎年子どもの誕生日に、記念で撮影しているものです^^
松川
松川

尾浜
尾浜
ますますステキ✨

 

ちなみに今回、松川さんに

尾浜
尾浜
夢中になっていることは何?

と尋ねたところ、

私は好きなことに囲まれて生きているので全てに対して”夢中”です!
松川
松川

と返ってきました。

 

ポジティブでパワフルな松川さん、どんな人物か気になりますよね。

それに本業、そして1児の母親という顔を持ちながらも副業としてainiに所属する松川さんの働き方に、興味を持つ方も多いのではないでしょうか。

 

ということで、インタビューではオン・オフ両面から松川さんに迫りました。

 

ainiに彗星のごとく登場した松川さん

尾浜
尾浜
松川さんって、いまどんな働き方をしているんでしょうか?

今はHR Tech系のスタートアップ企業で働きながら、ainiには副業としてジョインしています。
松川
松川

尾浜
尾浜
本業があっての副業でしたか!

 

どうしてainiで副業しようと思ったのでしょうか?

当時は、今の職場で働いて1年が経ったころでしたね。

仕事にも環境にも慣れてきたなかで、子どもが小学校に入るまでに極力、色んな経験値を積んでおきたいという思いから、Watntedlyで複業を探していました。

松川
松川

尾浜
尾浜
子育てする中での副業(複業)探しだったんですね!

はい。

そうした中で、ainiの母体であるガイアックスの「人と人をつなげる」という言葉や、ainiの「人と人をつがぎ、夢中で満たす」という言葉に惹かれ、応募しました。

松川
松川

尾浜
尾浜
なるほど!

今まで、人材派遣業の営業や人材紹介でのキャリアアドバイザーの経験を生かせるだろうと考えて応募しました。

ですが採用面談中に、今ainiで動かしているプロジェクト”aini schoolをやってみないか?”という提案をいただきました。

松川
松川

aini schoolとは?

自分の「好きなこと」をテーマにした教室があつまる、地域の学び場としてainiが提供する実店舗型の教室。

「ご近所先生」と呼ばれる講師陣が、さまざまな教室を開催し、地域内で繋がりを生み出すプロジェクト。

横浜市青葉区にある「こどもの国」にて、2022/08/20より正式オープンしました!

aini schoolについてはコチラ

 

尾浜
尾浜

そうです!
松川
松川

aini school 高妻さんのインタビュー記事は、以下からもご覧いただけます。

【Iとaini |インタビュー】aini school 高妻さん「挑戦するインターン生の働き方とは?」編

娘が沢山の大人に囲まれ、いろんな経験や体験をしながら、のびのび育っている環境が理想的だと感じていたので、aini schoolのプロジェクト内容にとても共感しました。

一方で、事業責任者の原田さんが構想されていた組織デザインの改革を動かしたいというお話しもいただき、そちらへの合流も同時に打診していただいたんです。

松川
松川

尾浜
尾浜
そうだったんですね。

最終的に決断したのはどちらだったのでしょうか?

最終的には、ainiコーポレートチームのほうを決断しました。

もともと興味があったことと、今までにない先進的な組織デザインに関われることを魅力に感じまして。それで、『是非やってみたい』とお返事しました。

松川
松川

尾浜
尾浜
なるほど!

松川さんは、人事経験があったうえでコーポレートチームへの採用についてお返事したのでしょうか?

いいえ、実は未経験でした!
松川
松川

尾浜
尾浜
未経験で人事を選択したんですか!

未経験から新しい仕事にチャレンジするって、勇気がいりますよね。

はい。

でも私は『経験がないことは、聞くなり調べるなりすれば大丈夫、やりたいという気持ちが一番大事!』というマインドなので、臆することなく引き受けました。

松川
松川

尾浜
尾浜
副業だけでなく、転職で新しい業務にチャレンジしてみようと考えている方にとっても、背中を押されますね^^
有難うございます。

最初にも少しお話ししていますが、今勤めている会社の前は、人材派遣・紹介系やの企業で働いていました。

そんな背景から人事担当者と対峙する機会が多かったので、人事の仕事にも興味があったという点もあります。

松川
松川

尾浜
尾浜
なるほど!

未経験の業務を後押ししたainiのカルチャー

松川さんが未経験の人事施策について悩んだ時に立ち返る先は、aini独自の業務文化(ainiカルチャー)だったそうです。

詳しく聞いてみましょう。

尾浜
尾浜
未経験から人事関係の提案をすることってすごく大変だと思うんですが、当時の気持ちってどうでしたか?
組織デザインの改革プランを聞いて、とにかくワクワクしましたね。

今まで、人事に所属する方々との仕事が多かったので、自分自身の抵抗や苦労はありませんでした。

松川
松川

尾浜
尾浜
松川さん、とても前向き!
『知らないことがあるのが楽しい』『知らない・わからなければ調べてみる』『仮説をぶつけつつ、チューニングをする』という状態でした。
松川
松川

尾浜
尾浜
すごい!まさに試行錯誤だったんですね。
一方で、ainiでの在籍期間が長くない中で、新しい制度を色々思考しながら、実行していくにあたって、『新参者の私が、こんなにあれこれ変革を進めてやっていいのだろうか』という思いが若干、芽生えることもありました。
松川
松川

尾浜
尾浜
確かに。
ですが、aini独自のカルチャー(文化)が私を後押しをしてくれた気がします。
松川
松川

尾浜
尾浜
どういう点で?

尾浜
尾浜
はい。
事業部長の原田さんと、この改革プロジェクトを担ったんです。
松川
松川

松川さんが携わったainiの独自カルチャー「Free  Flat Open(フリー・フラット・オープン)」とは?

aini独自の価値(バリュー)。

FREE(時間やお金、仕事や働く場所のフリー)、FLAT(全員が手を動かす人の組織)OPEN(すべての情報の公開)のこと。

より詳しい詳細はコチラのコーポレートサイトから閲覧可能です

 

だからこそ、自分が悩んだ時、

『これは、フリー・フラット・オープンかな?』

という観点で考えられたことが、ありがたかったなと思いました。

松川
松川
尾浜
尾浜
まさに、原点回帰することが松川さんの人事での働き方に背中を押していたんですね。

松川さんが働く中で感じた「ainiらしさ」

尾浜
尾浜
未経験の人事業務という中からainiの改革に奔走した松川さんが、ainiで働く中でかんじた”らしさ”を教えてください!
世の中の”当たり前”に左右されないことでしょうか。
松川
松川
尾浜
尾浜
ふむふむ。
人事のお仕事をする中で、私自身、他社の事例や過去の慣例に引っ張られてしまうシーンがありましたね。
松川
松川
尾浜
尾浜
なるほど。差支えない範囲で、具体的に教えてください!
例えば、ainiでは、ainiメンバー全員と1対1面談の議事録や、「360度フィードバック」の結果を全体公開しています。
松川
松川

松川さんがお話しする360度フィードバックとは?

ainパートナーが四半期に1回、上司だけでなく同僚や部下からも評価をもらう制度のことです。

尾浜
尾浜
ainiならではの制度ですよね。
はい。
まず「組織メンバー全員との1on1」は現組織のメンバーの”個”を知った上で、現状進めている改革とのチューニングをしたいと考えていました。
松川
松川
尾浜
尾浜
ふむふむ。
本来であれば個人の気持ちや感情に触れるため、一般企業だと公開しないという判断になるかなと思います。
松川
松川
尾浜
尾浜
確かに。
『本来は……』『普通だったら……』『こういうケースはこうすべき……』と私自身が思うシーンは、人事のお仕事をする中でも結構ありました(笑)
松川
松川
尾浜
尾浜
迷いどころではありますよね。
一方で、そういった判断をするとainiの「フリー、フラット、オープン」のカルチャーに反してしまうというケースもありました。
松川
松川
尾浜
尾浜
そういう時、松川さんはどうやって乗り越えたんですか?
これまでの事例や慣習に引っ張られず、「ainiとして」どうしたいか。

ainiっぽいのは、どういう判断なのかを再認識することで乗り切りました。

松川
松川
尾浜
尾浜
なるほど!
最終的に、全く反対の方向になっても、ainiっぽければ大胆な決断も自信をもってできるようになりました!

結果的に、個別面談はとても良かったです!

ひとりひとりへの理解が深まったし、ainiの独自性をより見出せました。

松川
松川
尾浜
尾浜
すごい!

ちなみに、他のainiパートナーからも好評の声があった「360度フィードバック」についても聞かせてください!

はい。

「360度フィードバック」なんですが、私からメンバーに依頼した内容はこちらです。

松川
松川
実際のaini内Slackで松川さんが投稿した内容です。
尾浜
尾浜
覚えています!
360度フィードバックの目的は、上司だけでなく、部下や同僚に位置する人たちからアドバイスをもらうことで、自主性をもって最高のパフォーマンスを発揮することです。

自分もそうですが、そもそも全員、完璧ではありません。

だからこそ周囲に自らがフィードバックを求めにいくことで、自身で変化・進化をしていくことが目的でした。

松川
松川
尾浜
尾浜
なるほど。
そのうえで、フィードバックをする側は「前向きな意図をもって、行動変化を促す」こと、フィードバックを受ける側は「フィードバックに感謝しつつも、あくまでも取捨選択は自分自身」という、点を中心にしたガイドラインを作成できました。
松川
松川
尾浜
尾浜
実際に360度フィードバックを運用してみて、どうでしたか?
トライは大成功でした!

約100件のフィードバックには、依頼者に対しての思いが込められていました。

それに、『もっとこうなったらいいな』と思いながら記入する時間が、私にとっても良い経験でした。

松川
松川
尾浜
尾浜
だからこそ、

・自分で判断して動く

・世の中の当たり前に左右されない

・周囲を意識しすぎない

・失敗歓迎カルチャー

・挑戦応援カルチャー

・パートナーの”個”が強い

という、ainiならではの文化が誕生したんですね!

【働くママのリアル】仕事と子育ての両立

尾浜
尾浜
松川さん、お子さんがいる中で、どうやって仕事と子育てを両立しているんでしょうか?

気になっている読者の皆さんに、ぜひ松川さんのリアルをシェアしてください!

仕事する日とこどもと向き合う日をしっかり分けています。

夫と相談しながら家事分担して、全力で仕事する時間・遊ぶ時間を作ってメリハリをつけているんです。

松川
松川

尾浜
尾浜
そうなんですか!

働きながら子育てするママやパパの参考になると思うので、ぜひ教えてください!

私、働くのが好きなんだと思います。

ainiでは週1回の定例ミーティング以外は自分で働く時間を調整出来るので、大変さは感じてないです。

 

でも、週末出かけたいときって、あるじゃないですか。

松川
松川

尾浜
尾浜
あるある!

松川さんご夫婦はどうやって調整しているんでしょうか?

金曜はお互い飲みに行きたいから、隔週交代で出掛けていい日にして、土日はポイント制の運用にしてます。
松川
松川

尾浜
尾浜
ポイント制!?
はい(笑)
週末出かけたい場合、1時間1ポイント相手に渡すというシステムを作って、ホワイトボードで管理しています。
松川
松川

尾浜
尾浜
おもしろい!真似したくなっちゃいますね!
有難うございます。
ちなみに2022年8月の時点で、私は187ポイント持っていますが、旦那さんは30ポイントです(笑)
松川
松川

尾浜
尾浜
賢い!!そして、松川さんのポイント保有率の高さ(笑)
(笑)
松川
松川
あとは1週間の家事タスクを洗い出しして、お互い不公平がないように割り振りしたりもしています。
松川
松川
松川さん提供:実際の家事分担タスク表をシェアいただきました!

尾浜
尾浜
すごく参考になりました!

松川さんの将来の夢を聞いてみた

松川さん提供:優しい雰囲気が伝わってきます。

 

尾浜
尾浜
最後に、松川さんの将来の夢を教えてください!

自分の娘や子どもたちが大人になったときの世界を、よりよくすることです。
松川
松川

尾浜
尾浜
おお!

子どもが大きくなるころには、今よりも色んなことが選択しやすい世界にしたいなと思ってます。

それで、娘が大人になったときに

『お母さんがこんなことやったからなんだよ〜』

って娘に伝えたいです!

大好きなお酒を一緒に飲みながら!!^^

松川
松川

尾浜
尾浜
ステキな夢ですね!有難うございます^^

インタビューを終えて

今回は複業しながらも圧倒的な存在感と影響力でainiを支える、コーポレートチームの松川さんへのインタビューをお届けしました。

 

とにかくテキパキしていて、物事を前に進めるのが得意な人物である松川さん。

 

仕切るのが大好き!

計画が大好き!

 

それでいて、ゆる〜く人を受け入れるオープンな雰囲気があるのが魅力な人だなと思いました。

 

一方で、

 

  • 新しいことには自分なりの方法でトライする
  • 違和感があれば自分なりの考えでチューニングしていく

 

など、とにかく動いてainiを作り上げていく松川さんの姿に、背中を押されるaini パートナーも多いはず……!

これからも松川さんの動きから目が離せませんね。

 

最後に、ainiでは、より多くの方へ良質なサービスを届けるため一緒にainiを創っていくaini partnerを募集しています!

2022年8月現在、松川さんの所属するコーポレートチームもパートナーを募集していますので、気になる方は以下よりコーポレートサイトをチェックしてみてください。

ainiの採用ページはコチラから

 

さて、次回は誰に話を聞こうかな!

尾浜
尾浜
次回もお楽しみに!

 

インタビュー・執筆:尾浜あづさ

コーポレート監修:井上乃美

トップ画像作成:立石拓

編集:あさひなペコ

カテゴリー

Follow us!

YouTube
Instagram
メニュー