【冬祭り】年の瀬を実感!浅草で「羽子板市」

冬も近づく秋の終わり。東京・浅草では、1年を締めくくり新年を迎える冬祭りが行われます。毎年12月に行われる「歳の市 羽子板市」。江戸風情感じる華やかなお祭りに行ってみませんか?

【浅草歳の市 羽子板市】

出典:東京歳之市羽子板商組合Facebook

毎年、12月17日、18日、19日の3日間に渡り、台東区の浅草寺で行われる「歳の市 羽子板市」。「市」とは神社仏閣の縁の日、参詣人の集まる日に、近隣の人々が日用品を商うために行うもので、「歳の市」とはその年の最後に行われる「市」です。江戸の歳の市は浅草が最も古く、万治元年(1659年)に始まったとされています。

毎月18日は観音さまの「ご縁日」とされています。特に12月の「納めの観音」は一年の締めくくりとして、より多くの参拝者が訪れます。現在では「納めの観音ご縁日」の前後も含め、12月17~19日に「羽子板市」として境内に数十軒の羽子板の露店が軒を連ねます。

浅草の歳の市は、日用品だけでなく新年を迎える正月用品を扱うようになり、そこに羽子板も加わるようになりました。特に華やかな「押し絵羽子板」が市の看板商品となり、人目を引くように。いつしか「歳の市」から「羽子板市」と呼ばれるようになり、「人より始まり人に終わる」と言われるほど、人々で賑わうようになりました。

現在この「歳の市」は、「羽子板市」としてその形をとどめています。 これは羽子板でつく「おい羽根」が害虫を食べる「トンボ」に似ているため、悪い虫がつかないとか、そのかたい「豆」(むくろじ)の部分から「魔滅(まめ)」にあてられ魔除けになる、あるいは「マメに暮らせる」などの縁起を担ぎ、江戸後期のころから女子の誕生した家に羽子板を贈る風習ができました。これによって羽子板を正月の縁起物として「歳の市」で扱う店が増えていったからだと伝えられています。

 

【羽子板市の見どころ】

出典:東京歳之市羽子板商組合Facebook

やはり羽子板市の目玉は色とりどりの羽子板。浅草寺の境内には30軒の羽子板露店が並びます。ミニミニサイズや手のひらサイズなどのかわいいものから、巨大な壁掛け用まで大きさも値段も様々。その歳に活躍した芸能人やスポーツ選手などの有名人を模した羽子板や、キャラクターが描かれたものなど、デザインもお店によって特色があります。

特に羽子板と歌舞伎には縁があります。江戸時代中期には、当時の人気の歌舞伎役者の舞台姿を写した羽子板が市に並べられました。人々は自分の贔屓役者の羽子板をこぞって買い、羽子板の売れ行きが役者の人気のバロメーターになったといいます。現在でも「勧進帳」や「八重垣姫」「藤娘」「め組の喧嘩」など、歌舞伎の演目にちなんだ華やかで美しい羽子板が販売されています。

また浅草では毎年、歳を越した1月から若手歌舞伎俳優による「新春浅草歌舞伎」が行われます。そのため、羽子板市には新春浅草歌舞伎に出演する俳優陣がイベントに訪れることも。出演者の顔を写した特別な羽子板も販売されます。浅草に縁のある歌舞伎俳優、新派女優、舞台俳優などがイベントに登場するので、タイミングが合えば芸能人を見ることができるかもしれません。地元・浅草の商店街や老舗のお店や、歌舞伎俳優達が購入した羽子板には名前が貼られているので、露店を見ていると名前を見つけることがあるかも。どんな羽子板を購入したのかチェックできるのも特別な感じがしますね。

露店では昔ながらの羽子板職人からお話を聞くこともできるし、購入者には縁起のいい三本締めをしてくれるので、新しい年を迎える良いスタートがきれそうですね。

ちなみに、購入した羽子板を持参すると、「浅草花やしき」の入園料が無料に!せっかく浅草寺に行くなら、浅草を丸ごと楽しみましょう!

羽子板市では有名人や著名人、キャラクターの羽子板もたくさん!

新春浅草歌舞伎に出演する若手歌舞伎俳優たちも、羽子板市を訪れます。

羽子板市が始まると、「年の瀬」を感じますね。来る年が良いものになるように縁起を担ぎましょう!

 

【2016年の情報】

出典:東京歳之市羽子板商組合Facebook

日程:2016年12月17日(土)、18日(日)、19日(月)

時間:午前9時〜午後9時頃まで

住所:浅草寺(東京都台東区浅草2−3−1)

アクセス:東京メトロ銀座線、東武スカイツリーライン、都営浅草線、つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩5分

この記事を読んだあなたへ

 
tabica
ainiでは、「この体験が、旅になる。」をコンセプトに、東京で街歩き体験ができる着地型観光を提供しています。「人と人を繋げる」という点に特化した、よりローカルな暮らしを体験できるような企画内容となっていますので、日常ではちょっと味わえない体験に参加してみませんか?
詳細はこちら

メニュー