【東京・町田】親子で田植え体験~日本人のソウルフード”お米”を作ろう~

体験できること

日本人の食文化には欠かせない「お米」。町田の里山では、初夏の田植えから始まり、稲刈り、脱穀、そしておもちつきまで、約半年間を通して、お米づくりを体験していただいています。

今回の田植え体験では、種まきから1ヶ月ほど経ってほどよく育った苗を、田んぼ一面に植えていきます。
泥の中に足を踏み入れるのは、田植えの時くらいではないでしょうか?
初めは歩くのが少し難しいかもしれませんが、慣れてくれば、大地と一体になったような不思議な感覚を味わえるかもしれませんよ!

<タイムスケジュール>
10:00/14:00 集合、オリエンテーション
10:30/14:30 田植え体験
11:30/15:30 足洗い、着替えなど
12:00/16:00 クロージング

お米は日本人のソウルフード。自ら手を動かしてお米をつくる喜びは、何にも代え難いものがあります。自然の中で暮らす喜びや豊かさを、皆さんと分かち合えればと思っています。

注意事項

必ずお読みの上、ご参加ください

<服装・持ち物>
・野外で活動しやすい服装、靴(汚れることを前提に・・・)
・(子ども、大人とも)汚れてもよいハイソックス【推奨】
 ※子ども用の長靴や水靴は脱げやすいです。
 ※大人も長靴は足を取られて大変歩きづらいです。
 (ピタッとした長靴だと、比較的歩きやすいです)
 ※安全のため、裸足はお勧めできません。各自の責任でご判断ください。

・着替え、タオル
・レジャーシート(田んぼでの荷物置きに便利)
・サンダル(田んぼから出て、大谷里山農園までは簡単に足を洗う程度になります)
・飲み物
・(雨天時)レインコート
・その他、各自必要と思われるもの
 帽子、虫よけ、日焼け止め、保冷剤、マスク、アルコール消毒など

<アクセス>
■電車・バスでお越しの方
・多摩センター駅から(小田急多摩線・京王相模原線)
 [京王バス:多45日大三高行11番乗り場]
 9:30 多摩センター発 ⇒(約10分乗車)⇒ 多摩丘陵病院バス停(下車 徒歩3分)
  ※2023年5月より、バス停の名称が「下小山田」から変更となりました。

・町田駅から(JR横浜線、小田急線)
 [神奈中バス:町31多摩丘陵リハビリテーション病院行14番乗り場]
 9:00 町田バスセンター発 ⇒(約30分乗車)⇒ 多摩丘陵病院バス停(下車 徒歩3分)
  ※2023年5月より、新たに「多摩丘陵病院」バス停が新設されました(最寄りとなります)。
  ※終点のバス停名称が「多摩丘陵リハビリテーション病院」に変更となりました。

■お車でお越しの方
個別にご案内いたしますので、お車でお越しになる旨を事前にご連絡ください。

ホストの 塚原 宏城(サティ) について

直近の開催情報

ainiの2つの安心保障

この体験のレビュー
詳細情報
料金
大人 中・高生 小学生 未就学児(3〜6歳)
3,000円

※料金は単価です。
※実際のお支払金額にはサービス手数料が追加されます。
※すべての体験にainiケア制度が適用されます。
※お支払い合計額は予約画面でご確認ください。

開催確定期限

2日前の17時

開催日によって異なる場合があります。

開催確定期限まで無料でキャンセルできます。以降のキャンセルは手数料として全額ご負担いただきます。キャンセルについて

開催成立人数

5人

開催日によって異なる場合があります。

開催確定期限に成立人数に満たない場合、体験は中止されます。

体験の時間

約2時間(前後する場合があります)

雨天時の開催

雨天決行

※雨天時の対応の詳細はこちら

体験への質問
タグ
集合場所

不適切な内容を報告する

この体験のノート